偽造、変造、隠匿の危険性

自筆証書遺言というのは、遺言をする本人が、内容をすべて自書した上で、日付や署名を書き入れ、さらに捺印をした形式のものをいいます。
公正証書遺言などと違って、費用がまったくかからない上、本人以外に証人を用意する必要がないことから、一般的に遺言といえばこの形式となっています。
しかしながら、自筆証書遺言という形式は、手続き的に簡単であるという反面、本人の意思が正しく伝わらない危険性を内包していることから、作成にあたっては注意が必要となります。
まず、公正証書遺言などと異なり、生前から家族や親族に打ち明けていない限りは、遺言書の存在が本人以外には知られないため、最悪の場合、死後に発見されない可能性があるということです。遺言書の存在を打ち明けておいた相手が、遺産分割を有利に進める目的で、逆に遺言書を隠匿してしまうこともあります。
また、公証人役場に保管するなどの厳重な対策がとられていないため、遺言書が誰かによって偽造、変造されてしまう可能性があります。偽造、変造に限らず、たとえ脅されて書くなどした場合であっても、証人がいないためにその状況を文面から読み取ることは困難で、本人の意図に反したことが死後に実現してしまうおそれもあります。本04

コメントを受け付けておりません。