証人が不要

自筆証書遺言は、民法のなかで認められている遺言の形式のひとつで、遺言をした人が、その全文をみずから記載して、日付とともに署名・捺印をするというものです。
公正証書遺言のような他の形式であれば、遺言書の作成にあたっては、証人を2名以上そろえなければならないという決まりがありますが、自筆証書遺言にはそれが不要であるというメリットがありますので、手近に信頼できる人がいないといった場合には最適な方法です。
また、遺言する人自身のほかは、誰にもその内容が知られずに済むというところもメリットとして挙げられるため、例えば愛人との間の子供を遺言によって認知するなど、できれば死後まで隠しておきたいような内容を含んでいる場合についても有効であるといえます。
さらに、公正証書遺言であれば、公証役場に依頼する際に手数料などの費用が必要となりますが、自筆証書遺言であれば、余計が費用がかからないということもメリットとなります。
ただし、遺言の方式というのは民法で厳密に指定されており、それは自筆証書遺言の場合であっても同様ですので、作成の際には念入りに確認しておくことが大切です。
例えば、全文を自筆とせずに一部がワープロで打った場合であるとか、捺印をし忘れてしまったなどの場合に、書いた遺言が無効になってしまうことがあります。本01

コメントを受け付けておりません。