自筆証書遺言のデメリットとは

自筆証書遺言とは様々ある遺言の種類のうちでも、とても簡単に書ける方式での遺言となります。立会人などを必要とせず、紙とペンさえあれば書くことが出来るのが特徴とされます。遺言の全文、氏名、日付、押印が必要となりますが、それ以外のものは特に必要ないために、費用なども掛からずに何度も書き直すことが出来ます。ただ、自筆証書遺言のデメリットとして挙げられるのは、形式不備や不明瞭な内容の場合には、遺言自体が無効となってしまうことがあるという点です。簡単に書けるといっても、法律に則ったものでなければ意味がなく、また内容に曖昧な表現などが使われている場合には後にトラブルの原因となることもあります。また、遺言自体の紛失や内容の改ざんなども他の遺言に比べて多いとされています。何度も書き直せるということは、それだけ他者にとっても手を加えられやすいということです。また、自筆証書遺言は誰にも知られずに書くことが出来るものですが、自分の死後であっても、誰にも見つからずにそのまま、という危険性もあります。せっかく遺言を書いても誰にも見てもらえないのであれば意味の無いことだと言えるでしょう。ほかにも、自筆遺言証書は家庭裁判所の検認が必要とされ、そういった点では手間の掛かる遺言だとも言えます。本03

コメントを受け付けておりません。