自筆証書遺言のメリット

遺言というのは、人生における最終の希望や意思などを書面にしたものを言い、一般的には生前のうちに、自分の死後のこと、例えば財産の分配や相続人などを指定するといった場合に利用される場合が多いです。この遺言には種類があり、普通方式と特別方式というものがあります。特別方式は、災害や怪我、病気などで急な死が差し迫った状況で書かれるものであり、特殊な事情でのみ認められる遺言となります。自筆証書遺言は普通方式の遺言となり、これには遺言の全文、日付、氏名を記し、押印することが必要となります。自筆証書遺言のメリットは、遺言者ひとりでも書くことが出来て、紙とペンさえあれば誰でも書くことが出来る点です。ただし、注意しなければならないのが自筆と称されている通りに内容は自分で書かなければいけない点と、ワープロやパソコンを利用して書いた場合には無効となってしまう点です。また、自筆証書遺言の良い点は費用がほとんど掛からない点です。紙とペンさえあれば良いので、手軽に書くことが出来ます。ほかにも、遺言の内容や置き場所などを誰にも知らせずに書けるので、遺言の存在自体を秘密にしておくことも可能です。書き直すことも可能なので、万が一のために書いておくという場合にも便利な方式だと言えます。手紙02

コメントを受け付けておりません。